IT技術の進化によりオリジナルTシャツは誰でも簡単に作れるようになりました。店舗やチームなどの企業が作るユニフォームだけでなく、学園祭・体育祭などでも見かけるようになったクラスTシャツは店舗だけでなくインターネットからも作ることが出来ます。実際にどういったシーンで作られているかというと、学園祭・体育祭、またサークルや部活動などのチームや団体行動などを盛り上げる為にクラスTシャツを作成し、団結を高めるアイテムの一つとして大いに役立てられています。一枚当たり、1500円程度の費用で作成出来るため市販されているTシャツとあまり変わらない価格設定も人気の一つです。自分達で世界に一つだけのデザインを考えると愛着もあり、思い入れも一入です。クラスTシャツを作ることで実際にどのようなメリットがあるかご紹介致します。

クラスTシャツがもたらす不思議な力

クラスTシャツは形から生地、カラー、サイズなど、目的にあった素材を一から選ぶことが出来ます。デザインも入れたい場所を指定でき、どのような文字やイラストを入れるかも自由に作ることが出来ます。このようにクラスTシャツを作り、同じものを着用するというだけで一気に仲間意識が生まれるのは不思議ですが、実際に団結力は高まります。また、学園祭・体育祭など、年に一度しかないイベントでも当日までのプロセスなどが思い出のカタチとして残ります。イベントが終わった後でも部屋着などとしても活用できるTシャツは決して無駄にはなりません。オリジナルのTシャツを作る上で一番難しいのがデザインです。一言でオリジナルと言っても、作る上での目的や思いを込めるにはどのように作成したらよいかご紹介します。

オリジナルのクラスTシャツから語られる思い出

クラスTシャツのデザインを考える際、まずは目的を明確にすることが重要です。そして目的にあったデザインをみんなで意見を出し合うことも作成の醍醐味です。みんなで作成するからこそ世界に一つしかないオリジナルのクラスTシャツになるのです。人気なデザインの一つに有名ブランドやメーカーのロゴをパロディにしたデザインがありますよく見ると遊び心のあるワードが入っていたりすると周りから注目を集めたり、コミュニケーションのきっかけにも繋がるでしょう。また、チームの名前だけでなく、個人名などを入れたりするとよりチームの一員としてより一層特別なものに変わり、チーム全体の絆が深まる優れものです。イベント終了後も、クラスTシャツにはそれぞれの思い出が沢山詰まっており、時間が経ち話題に触れた時はきっと、素敵なストーリーが語られることでしょう。