体育祭や学園祭等、学校行事にかかせないアイテム、それがクラスTシャツですね。今では定番となっていて、イベント行事があると当たり前のようにクラスTシャツを作っていますが、クラスTシャツを作るとどのような良いことがあるのでしょうか。まずはお揃いのTシャツをクラス全員で着るために、みんなで協力して頑張ろうという意思が芽生え、団結力が高まります。目標に向かってみんなで頑張ろうという気持ちが一つになれば、練習にも積極的に参加することができ、本番ではいつも以上の力を発揮できるでしょう。結果として、練習を通してクラスメイトとのコミュニケーションが増え、友人同士の絆を深めることができ、競技の結果がどのようなものでも達成感を得ることができ、一連の行事を通して築いた人間関係は一生ものの宝物になるでしょう。

クラスTシャツを作ると良いことたくさん

お揃いのTシャツを購入してクラスTシャツとすることもできますが、市販のものをチームメイトの人数分購入するよりも自分たちでTシャツ業者さんに頼んで作る方が安く仕上げることができます。デザインも自由に描いたり、既存のものを組み合わせてオリジナルのものが作れます。ただのTシャツだけではなく、UネックやVネック、生地、ポロシャツなど、Tシャツそのものの形を選ぶことが出来ますし、みんなで考えながら進めていけるので作る前から楽しむことができます。また、集団で同じ色のTシャツを着ることはなかなか無い機会ですので、集合写真を撮れば今流行のSNS映えも期待できます。Tシャツ業者さんによっては学生割引や、早期注文、インターネットでの注文を行うことでさらに料金が割引となるシステムを取っているところが多いので、クラスTシャツを作る際にはぜひ活用しましょう。

イベント行事が終わったあとの活用法

クラスTシャツはイベント行事が終わったらどのように活用できるのでしょうか。イベント行事の1回の為しか着ないというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、様々な活用法があります。まず一番に思いつくのがルームウェアにする、ということでしょう。もちろんそれでも構いませんが、思い出いっぱいのクラスTシャツをハンガーにかけて飾っておくのもいいかもしれません。スポーツチームのユニホームや、好きなアーティストのライブTシャツなどを持っている人であれば、それらと一緒に並べて壁にかけておけば思い出もつまったインテリアになります。また、プライベートで遊園地に行くときの衣装としても活用できます。市販品とは違うオリジナルなものなので、ほかの人とかぶってしまうこともまずないでしょう。